引っ越しの挨拶はどうしたらいい?

ご近所トラブルを回避する

手ぶらで行かないこと

日用品を持っていこう

引っ越しの挨拶で喜ばれやすいものは、タオルや石鹸などの日用品です。
必ず用意してから、挨拶しに行ってください。
引っ越しそばを持って行くのがルールだと思っている人がいますが、今はそれよりも日用品の方が主流です。
手ぶらで行くのは失礼なので、必ず持って行きましょう。
タオルや日用品だったら、どこのお店でも購入できると思います。

引っ越し前後は忙しくて、手土産を買っている時間がないかもしれません。
前もって、必要な手土産を購入しておくのがおすすめです。
すると引っ越し作業が終わってから、すぐ挨拶に行けます。
後で時間に余裕ができた時に、手土産を買いに行こうと思っていると忘れます。
前もって用意するのが賢い方法です。

価格に注意しよう

近所に配る物は、500円から1000円ぐらいが望ましいと言われます。
それ以上高額な商品を渡すと、相手に気を遣わせてしまいます。
逆に安いと、気持ちが籠っていないと思われるかもしれません。
ちょっと良いタオルや石鹸なら、500円前後のものが購入できるはずです。
またご近所には、みんな同じものを渡してください。
向かいの家にだけ特別な手土産を渡すと、差別が生まれてしまいます。

安い手土産を受け取った側は、うちだけ安物で済まされたと怒る可能性があります。
平等に同じ手土産を渡せば、トラブルが起こることはありません。
手土産を用意していても、渡し方に問題があればトラブルの原因になります。
どんな手土産が喜ばれやすいのか、チェックしておきましょう。


▲先頭へ戻る