引っ越しの挨拶はどうしたらいい?

ご近所トラブルを回避する

ルールを把握しておくことが重要

一軒家に引っ越した際

新居が一軒家の場合は、両隣と向かいの家に挨拶しに行ってください。
裏にも誰かが済んでいる場合は、そこにも行きましょう。
挨拶をする際は、自分の名前と家族構成を伝えてください。
名前といっても、名字だけで十分です。
小さな子供がいる家庭は、少し声や走り回る音がうるさくなってしまうかもしれません。

そのことを、事前に伝えておきましょう。
ペットがいる場合も同様です。
事前に伝えておくことで、トラブルの回避になります。
ご近所トラブルは様々な種類がありますが、騒音トラブルが最も多いと言われます。
新しい土地で平和に暮らしていくためには、きちんと挨拶をしてその土地になじむことが重要です。
最初が肝心だと、覚えておきましょう。

集合住宅の挨拶を知る

マンションやアパートの集合住宅に引っ越した場合も、もちろん近所への挨拶は必要です。
両隣と、上下の部屋に挨拶しに行けば大丈夫でしょう。
また集合住宅の場合は、管理人が暮らしているかもしれません。
管理人がいるなら、そちらにも挨拶を忘れないでください。
暮らしているうちに、不都合な点や不安なことがあれば管理人に相談します。

管理人と仲良くなっていて、損はありません。
挨拶をしないと非常識な人だと思われるので、周囲から距離を置かれてしまいます。
すると自分が困っていても、誰も助けてくれません。
最初に挨拶をして、普段からも積極的にコミュニケーションを取りましょう。
すると困った時、近所の住民が助けてくれると思います。


▲先頭へ戻る